クレジットカードを店舗等で決済する時、誰でも体験したことがあるのではないかと思うのですが、スタッフが慣れていないためにいったいどのレシートを客に対して渡すべきか迷っている時があるのではないでしょうか。といいますのも、クレカを機械に通すとマシンの方から複数の紙が吐き出されるためでありこの明細の中のどちらを利用者の方に渡して良いのか迷いやすいというケースがあるのです。レシートの正体とは》上で述べた3枚1組の使用明細の説明とはどういうものなのかについてまとめると以下の記載のようになります。1利用者へ保管して頂く利用レシート。2店舗控えレシート。3クレジットカード会社控え使用レシート(記名をする紙)。通常は絶対カード利用者側へ保管してもらう明細の方をもらうはずですが、時には、お店の控え使用明細をお客さんの方へ間違えて渡してしまう場合であったり、署名をした方のレシートを渡すといういう大きなミスなども見受けられます。このようなパターンは時間給従業員や、さほどカードが使われることの少ないお店でカードを使おうとすると、このような担当者の戸惑いが体験できるでしょう(笑)。もしもレジ担当者が上記のようにレシートというものを渡した場合には、どうぞ「間違ってますよ」と教えて上げて欲しい。