自動車重量税、略して重量税という税金は、日本の車でもドイツ車等車の国やスポーツカー、ステーションワゴンという車の形も例外なく例えば、ダイハツやポルシェ、等でも通常負担が必須な税なんです。新車登録をする際もしくは車検を受ける時に納税が必要な税になります。支払金額はそれぞれの自動車のウエートにより決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」では全然異なる概念なので、しっかり理解して一緒にしないようにしてください。「自動車重量税は自動車の重量毎に」「自動車税という税金はクルマの総排気量毎に」その額が違います。買取する場合の扱われ方変わってきますし、注意が必要です。中古車の買い取りの時には支払った金額がいくらあってもその額が返還されるようなことはないです。一方で、自動車税であれば支払い済みの額を買取額に乗せてくれることがなくはないですが重量税の時は足されるといった場合は全然ないのです。重量税の場合は車を手放すときに納付済みの税額が残っているからと言って自動車専門店にてその事実が考慮される場合はまずないです。ですから次回の支払いつまるところ次の車検まで売却を保留し売却をするのが最も良いです。車買取の時は考慮していただけない重量税ですが、例外的な事例では還付していただけることもあるのです。このケースは、車検期間が残存している愛車を廃車にする場合。抹消登録をすれば、残存期間に応じて金額が戻ってきます。ただ、中古車買い取り時はその中古車が廃車されるのとは違うので還付されません。それに車の名義の変更をした場合や、盗難にあった場合も返還してもらうことは不可能です。自動車重量税の残存期間がある自動車を売却するということは、つまり車検の効力が残っているクルマということになります。そういったことを店側も配慮しますから重量税が残存していれば、そこそこ買取金額は増えると思います。勿論売却額は店次第で変わりますが、車検期間がまだあるということを考慮していただければ愛車の買取金額からみるとそんなに払い損ということもありません。