自分自身はカードなんていうものは持たないというような方もいます。

クレカでの買い物は手持ちというものが減らないわけですから何かの拍子に使いすぎてしまうことが考えているというわけなのかも知れません。

しかし深く思ってみますとカードというのは近ごろ不可欠なものとなってます。

たとえば日本国外へと行く場合、意外とその場所の貨幣というようなものが使えないようなことがあるのです。

日本国内においては想定できない現象なのですが日本国外では偽造貨幣への用心とか強盗犯に対しての用心という意味で現金に比較してクレカなどが頻繁に活用されたりします。

例えば異国であったとしても高額キャッシュといったものを提示するとそれはそれは警戒がされます。

強盗といったようなものも我が国と比べてものすごく多いですから、警戒することです。

そんな政情もありますので、国外渡航はカードというようなものは必需品であると言えるように思います。

それと近ごろはウエブページでもショッピングといったものをしたりとか、ウエブページで多くのwebサービスを申しこみすることもあると思います。

そうした折にクレカ入金といったようなものが必要です。

振込等などへ応対してないことはないですがこの場合は商品の送付がかなり遅くなってしまったり、サービスのスタートまで相当待つケースがあります。

異国に赴くことであったりインターネットなどを使用することは、恐ろしい勢いで頻繁となっているはずです。

こうやってカードを使用するようなタイミングは多いわけなので持った方が賢明であることと思います。